楽天モバイル

【楽天モバイル】意外と知られていない、お得な申込み方法を紹介します!

楽天モバイル 申込み

今世間的に流行っている大手キャリアから格安スマホの乗り換えで、数多くある格安スマホの中でも1番契約者数の多い楽天モバイル。

今ドコモ、ソフトバンク、auを使っている人は楽天モバイルに乗り換えるだけで月々の携帯料金が一気にお得になりますが、ちょっとした工夫をすることでもっとお得に楽天モバイルを契約することができてしまいます。

 

この記事が役に立つのはこんな人
  • スーパーホーダイプランSの契約を考えている人
  • 楽天ポイントが欲しい人

 

スタートボーナスチャンスで1000ポイントゲット

楽天のサービスを初めて使うと1000ポイント貰える「スタートボーナスチャンス」というキャンペーンがあり、楽天モバイルも対象サービスとなります。

しかし1000ポイント付与の対象となるのは以下のプランのみとなっています。

  • スーパーホーダイ プランM
  • スーパーホーダイ プランL
  • スーパーホーダイ プランLL

つまりスーパーホーダイで1番料金の安いプランSだけはポイント付与の対象外になってしまうということですね。

プランSを契約したい人にとっては1000ポイントが貰えずちょっと残念・・・といったところですが、実はスーパーホーダイプランSを契約したい人でも1000ポイント貰う方法があるのです。

その仕組みをこれから紹介していきます。

【スーパーホーダイ プランM・L・LLご契約者特典】初月はプランSと同額ルール

楽天モバイルのキャンペーンの1つに、契約初月限定でどのプランを選んでもプランSと同じ料金になるものがあります。キャンペーンページ

例えば長期割3年、ダイヤモンド割と1番安くなる組み合わせでもプランLLなら4980円かかってしまいますが、それが980円の支払いだけで済みます。

プランLLだとどのようなメリットがあるのかと言うと、本来プランSに契約すると容量が2GB分しか使えないはずが、プランLLなら24GB分も使うことができてしまいます。

 

このキャンペーンの1番かしこい活用法は、楽天モバイル契約時はプランLLで申込み、翌月からはプランSにプラン変更をすることです。

そうすれば初月はプランLLの容量を使うことができるのに、支払料金はプランSと同じになります。

さらにプランLLなら先程のスタートボーナスチャンスが対象になり、1000ポイントを貰うことも可能になるのです!

 

普通にプランSを契約するより、24GB+1000ポイントもお得になるんだね!

 

楽天モバイルなら余った通信量を繰り越すことができる

「楽天モバイルの使い方よくわからないし、1ヶ月間24GBも使えるか分からない・・・」

っていう方もいるかもしれません。

しかし楽天モバイルの容量は手続き不要、無料で翌月に持ち越すことができるので、1ヶ月の間に無理に使い切る必要もありません。

 

一例として7月に楽天モバイルを初めて申し込んでプランLLを契約し、8月からプランSに変更したとすると、7月に余らせた24GB+8月の2GBで最大26GB容量を使うことができます。

容量の繰り越しができるのは翌月までです。

7月にプランLLで24GB繰り越し、8月中に1GBも使わなかった場合、9月に入った時点で繰り越した24GBは消滅します。

つまり このキャンペーンを利用して、プランLL→プランS変更で容量繰り越しの恩恵を受けることができるのは楽天モバイル申込みの翌月末までとなります。

 

プラン変更と申し込み日の注意点

スーパーホーダイプランLLで申し込めば、24GB+1000ポイントを貰うことができますが、プラン変更をしないと2ヶ月目からはプランLLの料金を請求されてしまいます。

なので2ヶ月目に入る前にプラン変更をしないといけませんが、ここでちょっとポイントがあります。

プラン変更は1日~25日の間にすると翌月から変更したプランに切り替わりますが、25日から月末の変更は、翌々月に切り替わる仕様となっています。

 

なのでうっかりプラン変更を25日までにしないと、26日に変更をしたとしても翌月は変更前のプランの料金が請求されてしまいます。

これはプラン変更を忘れなければ問題はないのですが、もう1つ重要なのが楽天モバイルはSIMカードを受け取った日が開通日となり、月末にSIMカード受け取りをすると損をしてしまうのです。

例を挙げると、

  1. 7月23日楽天モバイルのスーパーホーダイプランSS申込み
  2. 26日にSIMカード受け取り(開通日)
  3. 26日にプランSに変更手続き
  4. 8月中にプランSと同額の料金請求
  5. 9月1日、プランSに移行
  6. 9月中にプランLLの料金請求

といった感じで、プラン変更が間に合わず、1ヶ月分余計にプランLLの料金が請求されてしまいます。

なので楽天モバイルを申込んで、SIMカードを受け取りは25日~月末を避けるほうがいいです。

25日~月末受け取りを避ける方法
  1. 月末ギリギリに申し込んで月初に受け取る
  2. 配送指定をして、25日~月末を避ける

 

この方法を使って25日~月末以外の日にSIMカード受け取りをし、プランSに変更をすればずっとプランSの料金だけしかかかりません。

逆にプランLLを申し込んで、25日~月末の間に受け取りをしたり、プラン変更を忘れてしまうと、逆に1ヶ月分5000円以上の料金が請求されてしまうので注意しましょう。

 

楽天モバイルの申込みタイミングを気をつけよう!

 

 かんたん楽天モバイル申込み手順

ここまで紹介してきた24GB+1000ポイント受け取りまでの手順をもう1度おさらいします。

スタートボーナスチャンスエントリー&エントリー確認方法

まずスタートボーナスチャンスの条件を満たすために、楽天会員にログインをして、以下のページからキャンペーンにエントリーをしましょう。

 

エントリーページ

 

エントリーができたかどうかは、キャンペーンエントリー履歴にアクセスすれば確認できます。

 

↑こんな風に【スタートボーナスチャンス】が確認できればエントリー完了です。

このスタートボーナスチャンスのポイントは、申込み状況などに問題がなければ、エントリー月の翌々月25日頃に付与されるので、気長に待ちましょう。

 

これで1000ポイントゲットの準備は終わり!

 

楽天モバイルのおすすめ申込日

次に楽天モバイルを申し込む日ですが、25日~月末にSIMカード到着=開通日を避ける必要があります。

おすすめの楽天モバイル申込日は、以下の青線に当てはまる日にちです。

×のついた日にちは25日~月末にSIMカードが到着する可能性が高いため、避けたほうがいいですね。

楽天モバイルは最短で申込みから2日後に到着しますが、GWや連休中の申込みだと遅れる場合があるので、25日~月末にぶつからないように日数に余裕を持って申し込むのがおすすめです。

 

楽天モバイルに申し込む

楽天モバイルのプラン変更

楽天モバイルの申込みをし、SIMカード受け取り後一通りの設定が終わったら、早めにプランの変更をしておきましょう。

プランの変更はアプリからすることができず、ブラウザ版のメンバーズステーションから手続きをしないといけません。

 

 

「楽天モバイルプラン変更」からプランSへ変更できます。

25日までに手続きを済ませれば、翌月1日からプランSに切り替わります。

これで翌月以降もプランSの料金しか請求されないので、安心です。

 

これで翌月からプランSに切り替わり、使い切らなかったプランLLの容量はも繰り越されているはずです。

まとめ

普通に申し込んでいたら貰えなかったはずの24GB+1000ポイントをちょっとした工夫でお得に手に入れる方法の紹介でした。

申込日の調整が面倒だなという方や、プラン変更を忘れてしまいそうな人は最初からプランSへの申込みがいいと思いますが、少しでも得をしたい人には今回紹介した方法がおすすめです。

スタートボーナスチャンスで貰える1000ポイントは期間限定ポイントですが、楽天モバイルの月々の支払いに使うことができるので、携帯代を1ヶ月分浮かせることもできちゃいます!

 



格安スマホランキングNo1の楽天モバイルは、毎月のスマホ代を節約したい人におすすめのサービスです。

楽天市場でのお買い物や楽天カードで貯めたポイントを支払いに使うこともできる楽天モバイルなら、毎月の支払い金額を0円にすることも可能です。

今ならお得な金額で機種変更できるキャンペーンも開催しているので、すぐに公式ページでチェックしてみましょう!

 

👉 楽天モバイル公式ページ